• ホーム
  • 避妊だけじゃない!低用量ピルのメリット

避妊だけじゃない!低用量ピルのメリット

2020年01月22日

避妊の方法としてピルを服用することは多くの方が知っている方法ですが、ピルも進化していて、できるだけ体に負担がないように低用量ピルを処方する医師や選ぶ患者が増えています。
低用量ピルを服用すると、妊娠するために必要な女性ホルモンの働きを抑え、妊娠まで至らないようにコントロールすることができます。
女性ホルモンが体に吸収され作用すると卵胞の成長を抑えるので卵子の排卵が抑制されます。
さらに子宮内膜が厚くならないようにするため着床しにくくなります。
このような働きで避妊することができます。

この作用は知っている方は多いですが、実は低用量ピルの使い道は避妊だけではありません。
ほかにも女性の体にうれしい作用があり、そのために服用する方も増加しています。
例えば、ニキビにお悩みの方がピルを服用すると、ニキビを改善させるだけではなく、透明感と弾力のある肌に変わってきます。
月経が定期的に来ない方の場合は、女性ホルモンをピルで調節することで婦人科系統を正しく作用させるよう働きかけます。
また、毎月ひどい痛みで生活に支障が出てしまう月経困難症の方や、月経前に頭痛や倦怠感などがひどくなる月経前困難症の改善にも役立つのが低用量ピルです。
どの症状も含まれている女性ホルモンで、乱れたり不安定になっている女性ホルモンの分泌をサポートしつつ、自ら整うように働きかけもできるため、だんだんと整って正常に戻ってきます。

避妊だけに注目が集まってしまいがちですが、他にも女性ならではの辛い症状で悩んでいる方の心強い味方になってくれます。
体に負担の少ない低用量なら、体の中でのホルモン量のバランスが比較的緩やかで、体も自然に受け入れてくれるので副作用を感じる方も少ないですし、感じても寝込むほどにはならず時間の経過とともに慣れて、普段の体の調子に戻ってきます。
多くの女性の悩める症状に効果を発揮して役立ってくれる低用量ピルは、幅広い方にメリットをもたらしてくれます。

ホルモンが原因?マーベロンは大人ニキビの強い味方

低用量ピルの中でも処方されることが多く、安定した効果と副作用の少なさから人気なのがマーベロンです。
マーベロンは避妊にも使えますが、作用が穏やかなのでニキビの対策としても良く利用される低用量ピルの1つです。
そもそも大人になってからのニキビができる原因はホルモンが大きく関係しています。

女性ホルモンには肌をきれいに保つ働きがありますので、健康でホルモンバランスが整っている間はニキビはできにくいです。
しかし、月経前やストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れ、本来の機能ができなくなると皮脂を多く分泌する男性ホルモンが優位になってしまいます。
女性も男性ホルモンを持っているので、そちらが強く働く状況も出てきてしまいいます。

マーベロンにはデソゲストレルという黄体ホルモンと、エチニルエストラジオールという卵胞ホルモンが配合されています。
黄体ホルモンは女性機能にとって必須の働きをしてくれますが、反面、男性ホルモンの働きを活発にしてしまうデメリットもあります。
皮脂を活発に出すためにニキビになりやすいのですが、マーベロンに含まれる黄体ホルモンのデソゲストレルは、男性ホルモンの働きを活性化する働きが弱いのが特徴です。
そのため、皮脂の過剰分泌からの大人ニキビも抑えることができます。

また、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールは、肌の水分量を保ったり、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す働きがあるため、ニキビだけではなく美肌に欠かせないホルモンです。
このエチニルエストラジオールを外から補うことで肌質を改善できます。
肌質を年齢や食事や体の調子などに左右されにくいように整えることができます。
マーベロンは副作用が少ないデソゲストレルを用いているので、ホルモンバランスを整えながら、肌質向上やニキビ改善につなげてくれます。

関連記事
ちゃんと効く?超低用量ピルのヤーズの効果

痛みがつらい生理痛やいらいらや腰痛など不快な症状に悩まされる月経困難症などの治療薬として多くの女性が利用している低用量ピルの中でも、ホルモンの含有率が少なく副作用が少ないというメリットがあるのが超低用量ピルのヤーズです。ヤーズには、黄体ホルモンと卵巣ホルモンの2つの種類の女性ホルモンが配合されていま...

2020年05月24日
低用量ピルを安く手に入れる方法は?

最近は日本でも避妊用に低用量ピルを利用する女性が増えています。日本国内では薬事法の規定により、ピルは医師の処方箋がないと購入することができない処方箋薬に指定されています。そのため低用量ピルを購入して使用するためには、産婦人科で診察を受けなければなりません。病気の治療目的であれば健康保険が適用されるの...

2020年04月16日
そろそろ心の準備!更年期障害の症状を知っておこう

更年期は閉経前後10年ぐらいの間のことを指します。この時期は体が徐々に衰え始め卵巣の機能も低下し女性ホルモンであるエストロゲンが減少してくるだけでなく、家族構成が変わったり、仕事の面でも重要なポストについたりと生活環境がかわったりするので、体のあちこちに様々な症状が出てきます。更年期に出てくる様々な...

2020年03月12日
その不調は女性ホルモンエストロゲンの減少が原因?

病院に行くほどではなくても、なんとなく体調不良を感じる場合は女性ホルモンのエストロゲンが減少していることが考えられます。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、エストロゲンは大きく分けてエストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類のエストロゲンがあります。どれもコレステロールの原...

2020年02月16日
どうして?ピル服用後に不正出血!

避妊のためや子宮内膜症をはじめとした婦人系の病気の治療のために、ピルを服用されている方も多いと思います。ピルと言えば、以前は避妊のために飲むというイメージが強かったのですが、今では抵抗や偏見なく一般的なものになりました。トリキュラーをはじめとして、ポピュラーなものをすぐに思いつく方も多いはずです。通...

2019年12月28日
モーニングアフターピルって知ってる?望まない妊娠に

望まない妊娠を防ぐためには、コンドームなどで避妊をきちんと行うことが大事ですが、男性側が着用を拒んだり、着用しても破損する場合もありますので、完全と言えません。そこで、避妊効果に優れた低用量ピルを服用して避妊を行う女性も多いですが、それでも飲み忘れなどもあり、時には避妊に失敗してしまうこともあります...

2019年12月25日
トリキュラー服用前に確認すべきこと

最近はインターネット通販の普及に伴い、医薬品も医師の処方箋なしで購入可能となっている為、海外製品のトリキュラーなども病院を介せず個人で買い付ける方も増えているようです。トリキュラーなど低用量ピルを服用したい場合、婦人科クリニックで医師の診察や検査を受けたうえで処方されるのが一般的ですが、避妊目的での...

2019年12月22日
低用量ピル初心者にもわかるトリキュラーの基礎知識

低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、トリキュラーは比較的よく使われている薬で多くの女性が服用しています。トリキュラーの中には女性ホルモンが含まれていて、継続して飲むことで排卵を抑え着床しにくい状態にすることで避妊効果が得られます。初めてトリキュラーを飲む場合、低用量ピルがどのようなものか分から...

2019年12月19日