• ホーム
  • どうして?ピル服用後に不正出血!

どうして?ピル服用後に不正出血!

2019年12月28日
カプセルが乗っているスプーン

避妊のためや子宮内膜症をはじめとした婦人系の病気の治療のために、ピルを服用されている方も多いと思います。
ピルと言えば、以前は避妊のために飲むというイメージが強かったのですが、今では抵抗や偏見なく一般的なものになりました。
トリキュラーをはじめとして、ポピュラーなものをすぐに思いつく方も多いはずです。

通常の避妊や緊急避妊、そして、大切な日に生理になるのを避けたいので生理日をずらしたいといった様々な用途に使われるようになりました。
現在では通販でも購入できるということもあり、簡単に服用することもできるようになりました。

生理は、卵巣から卵子を排出する排卵と、それと同時に受精せずに不要になった子宮内膜がはがれて排出するサイクルで起こります。
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの分泌が増減することで、生理が起こるのです。
ピルはこのエストロゲンの分泌を低下させて、プロゲステロンの分泌を安定させることで生理を止める仕組みです。
この結果、避妊効果だけでなく、ホルモンの分泌を抑えることによって子宮内膜症の改善や予防という効果を得ることができるのです。
また、ホルモンの分泌を安定させてバランスを保つことで、PMSのようなイライラを抑えられるというメリットもあります。

しかし、ピルは毎日忘れずに必ず飲み続けなければ効果がありません。
トリキュラーであれば、飲み始めのタイミングが何種類かありますが、生理の始まりと同時に飲み始めることで、一番高い効果が得られます。
同じ時間に飲むようにすれば、飲み忘れる危険性が減ります。
飲み忘れたとしても、24時間以内に服用できれば大丈夫です。
万が一、その期間を過ぎてしまったら、出血や避妊効果がなくなりますので、緊急避妊をするなど病院を受診して相談するようにしましょう。
また、ピルの服用時は通常の体の状態とはやはり異なるので、不安なことや気になることがあれば、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

生理と不正出血の違いは?原因と対処方法

不正出血とは、生理期間以外での性器から出血のことを指します。
妊娠中や健康な状態の時の不正出血は、何らかの病気の可能性もありますので、すぐに病院を受診すべきです。
しかし、ピルを服用したことによる出血は、多くの女性に起こり得るものなので、過剰に心配する必要はありません。
ピルを服用するとすぐに生理が止まるというイメージがありますが、必ずそうなるわけではありません。
体のホルモンバランスに作用することで、生理を止めたりするために、不正出血が起こることも多いのです。
ピルは、生理が始まってから服用し始めることになりますが、急激なホルモンバランスの変化は体に影響を及ぼします。
本来生理として排出されるはずの子宮内膜の一部が外に出ている状態だと考えられます。
これを消退出血と呼びます。

この消退出血は、排出しなければいけない子宮内膜のものなので、自然な現象ですので、しばらくしたら治まると考えてよいでしょう。
また、ピルは毎日必ず服用しなければいけないものですが、つい忘れてしまうということもあるかと思います。
この飲み忘れによっても、不正出血が起こる可能性があります。

ホルモンの分泌を安定させられずに、プロゲステロンが不足してしまうと、はがれないように維持されていた子宮内膜が排出されてしまうからです。
その他にも、急激なストレスや生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。
その場合、ピルを服用していたとしても不正出血する可能性があるので注意が必要です。
普段からホルモンバランスを整えるように心がけるようにしましょう。

消退出血など、起こり得る出血があると説明しましたが、あまりにも量が多い場合や期間が長い場合は何らかの病気などの可能性もあります。
すぐに病院を受診し、医師の診察を受けましょう。

関連記事
避妊だけじゃない!低用量ピルのメリット

避妊の方法としてピルを服用することは多くの方が知っている方法ですが、ピルも進化していて、できるだけ体に負担がないように低用量ピルを処方する医師や選ぶ患者が増えています。低用量ピルを服用すると、妊娠するために必要な女性ホルモンの働きを抑え、妊娠まで至らないようにコントロールすることができます。女性ホル...

2020年01月22日
モーニングアフターピルって知ってる?望まない妊娠に

望まない妊娠を防ぐためには、コンドームなどで避妊をきちんと行うことが大事ですが、男性側が着用を拒んだり、着用しても破損する場合もありますので、完全と言えません。そこで、避妊効果に優れた低用量ピルを服用して避妊を行う女性も多いですが、それでも飲み忘れなどもあり、時には避妊に失敗してしまうこともあります...

2019年12月25日
トリキュラー服用前に確認すべきこと

最近はインターネット通販の普及に伴い、医薬品も医師の処方箋なしで購入可能となっている為、海外製品のトリキュラーなども病院を介せず個人で買い付ける方も増えているようです。トリキュラーなど低用量ピルを服用したい場合、婦人科クリニックで医師の診察や検査を受けたうえで処方されるのが一般的ですが、避妊目的での...

2019年12月22日
低用量ピル初心者にもわかるトリキュラーの基礎知識

低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、トリキュラーは比較的よく使われている薬で多くの女性が服用しています。トリキュラーの中には女性ホルモンが含まれていて、継続して飲むことで排卵を抑え着床しにくい状態にすることで避妊効果が得られます。初めてトリキュラーを飲む場合、低用量ピルがどのようなものか分から...

2019年12月19日